歯周病について

歯周病について

なんと、日本では、成人の80%が「歯周病」にかかっている!?

歯周病チェックシートみなさんは『歯周病』という言葉を聞いたことがございますか?なんと日本では成人の80%、10人中8人がこの歯周病にかかっていると言われています。この罹患率、すごいと思いませんか?

例えばもし、全成人の8割が同時に風邪を引いたなら…。間違いなく世間は大騒ぎになっていると思います。じゃあ8割という高罹患率にもかかわらず、この歯周病がそれほど大騒ぎされていないのはなぜなんでしょうか?

実は歯周病という病気は風邪の急性症状(発熱・せき・寒気等)のようなわかりやすい症状が出にくい慢性疾患だからです。そしてこの自覚症状が無い(気付きにくい)というのが実は大きな問題なんです。

自覚症状がない(気付かない)という事は、処置やケアをされないままに症状が進行してしまう可能性が非常に高いという事です。気付いた時には歯周病がかなり進行してしまい歯がグラグラになってしまっているのです。

上に歯周病かな?と思われる10コのチェック項目を作ってみました。良かったら一度やってみて下さい。

口の中は細菌がいっぱい

口の中で病気ができる仕組み歯周病は口の中にいる細菌によって引き起こされると考えられています。口の中には多くの細菌が棲息し、またその種類も非常に多数存在していることを皆さんはご存知でしたか?

これらの細菌は歯の周囲に、あるいは唾液の中に、また舌の上皮の間にも住み着いているのです。その中でも歯肉炎と歯周炎の原因になっているのは、歯に付着して棲息している細菌です。

歯に付着している細菌の集まりをプラークと呼んでいます。ですからプラークが病気の原因ということになりますね。図1はプラークの表面を顕微鏡で見た状態です。多数の、そして多種類の細菌がからみ合っているのがわかると思います。

プラークの表面を顕微鏡で見た状態

プラークの表面を顕微鏡で見た状態。
この写真で見られるのは全部細菌なのです。
プラークが細菌で構成されているのがわかりますね。
また色々な形の細菌がお互いにくっついているのを見ることができます。

プラークの表面を顕微鏡で見た状態。

歯は、歯茎や歯槽骨などの歯周組織といわれるものの支持によりその位置を保っています。そして歯と歯茎との間にはポケットと呼ばれる溝があり、お口の細菌(ここでは歯周病菌)はこのポケット内にも棲息しています。そしてこのポケット内の清掃が不良の状態になると細菌はプラークを形成し、内毒素、酵素、抗原などの組織破壊物質を量産し、歯周組織を少しずつ破壊していく実はこわーい病気なんです。
歯周組織を破壊していくということは…。

続きはまた別の機会に!

今井歯科クリニック

尼崎の歯医者さん
今井歯科クリニック

〒660-0827
尼崎市西大物町12-41アマゴッタ4F
阪神尼崎駅すぐ
TEL 06-4868-8118

歯科医師募集

歯科衛生士募集

このページの先頭へ