フッ素について

フッ素について

フッ素のバリアーが、お子さんの歯をムシ歯から守ります。

最近、お父さん・お母さんから、「子供にフッ素を塗って欲しい。」とよく言われます。それだけ、フッ素塗布を行えばムシ歯予防になるという事が浸透してきたんだなあと思います。そこで、フッ素について書いてみたいと思います。

口の中で病気ができる仕組みなぜ、フッ素がムシ歯予防になるのでしょうか?
まず、皆さんはムシ歯がどのように出来るかご存知ですか?
「甘い物ばかり食べて、ちゃんと歯磨き出来てないとなるんだよ。」
こんな説明を受けた方もたくさんいらっしゃると思います。

実は、ムシ歯とは歯が酸により溶けた状態のことなんです。
お口の中には無数の細菌(ムシ歯菌)が存在しています。このムシ歯菌は大好物の糖分(砂糖)を得て、歯の表面にプラークという細菌塊をつくり酸を産生します。こいつが少しずつ大事な歯を溶かしていくのです。
歯が溶けるなんて怖いと思いませんか?

じゃあー、ムシ歯にならないように悪者であるプラークを取り除く様に歯磨きしてあげれば良いのですが・・・お子さんは自分一人ではなかなか上手にブラッシングが出来ません。気が付けば、お口の中がムシ歯菌だらけになってたりするのはよくある事です。

そこでフッ素の出番です。
フッ素を歯面に塗布することにより、歯の表面では、歯の成分とフッ素イオンが結びつき、フルオロアパタイトまたはハイドロキシフルオロアパタイトという結晶ができて歯質を強化、歯の表面の再石灰化も促され、ムシ歯を抑える効果があるんです。簡単に言うと、フッ素によるバリアーですね。

お父さん・お母さん、フッ素パワーでお子さんの歯をムシ歯から守ってみてはいかがですか?

今井歯科クリニック

尼崎の歯医者さん
今井歯科クリニック

〒660-0827
尼崎市西大物町12-41アマゴッタ4F
阪神尼崎駅すぐ
TEL 06-4868-8118

歯科医師募集

歯科衛生士募集

このページの先頭へ