むし歯治療

むし歯治療について

むし歯の原因菌の一種であるミュースタン菌などは、口腔内にある糖を利用して「酸」を作ります。酸によって歯の表面が溶かされるとむし歯になります。むし歯治療では、むし歯菌に侵された部分を削って取り除いたり、溶けてしまった部分に詰め物やかぶせ物をしたりします。
一度むし歯になった歯は自然に治ることはなく、放置すればどんどん症状が悪化します。そのためむし歯の治療は、早期発見・早期治療が重要となってきます。

【当院のむし歯治療の特長】
最新の治療によって、できる限り痛みを感じない治療を追及しています。

電動麻酔注射器

細い針でゆっくりと麻酔液を注入することで、投与の痛みを軽減できます。

子どもの頃、歯医者さんで痛い思いをした経験から通院を敬遠し、むし歯や歯周病を悪化させる方がまだ少なくないことは残念でなりません。
当院では、治療前の麻酔投与の際、痛みを感じさせないため、口腔内粘膜の表面にゲル状の麻酔を塗ることによって痛みの出にくい状態にしてから、電動麻酔注射器で麻酔投与を行っています。
これらの最新技術の導入とていねいな施術によって可能な限り痛みを感じない治療を追求し、より快適でストレスの少ない治療に取り組んでいます。
また、必要に応じて最適な鎮痛剤を処方することで、治療後の痛みも軽減させています。

むし歯の治療方法

むし歯の治し方は、どこまでむし歯菌に侵入されたか(むし歯の大小)によって、治療方法が変わります。

菌が歯の神経に達していない状態

歯の表面が白くなっている程度の非常に小さなむし歯の場合には、削る必要がないこともあります。きちんとした歯磨きとフッ素塗布により進行を防ぐことが可能です。
比較的初期のむし歯の場合は患部を削ってむし歯菌を完全に取り除き、レジンと呼ばれるプラスチック製の詰め物をするか、お口の中の型取りをしてからインレー(詰め物)もしくはクラウン(被せ物)で削った部分を埋めていきます。

詰め物・被せ物の種類

菌が歯の神経に達した状態

むし歯が進行し神経にまで達している場合は、細菌に侵された歯髄を取り除いてから薬剤を使ってすべての細菌を死滅させる根管治療を行います。
抜いた神経の代わりとなる防腐剤を詰めてから柱(コア)を立て、クラウン(被せ物)をしたら治療は終わりです。
また歯の頭がむし歯菌で溶かされ、根っこだけが残っている場合にはほとんどの場合抜歯となってしまいます。抜歯をした後には、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどを行います。

根管治療

  • 何もしなくても歯が痛い・激痛がある
  • 歯の奥の方の歯肉に違和感や痛みがある
  • 違和感や痛みのある部分に、おできや口内炎のようなものができる
  • 噛んだ時に響く・痛む

上記のような症状がみられる場合、歯の根っこの部分からの治療が必要になるケースがあります。
むし歯菌に冒された範囲が広く歯ぐきの中の神経まで達している場合や神経が炎症を起こしている場合、神経が死んでいる場合などはむし歯の除去だけでは治療は不十分です。歯の根の治療にあたる「根管治療」が必要になります。

根管治療が必要な理由

むし歯が歯の神経にまで達している場合はかなりの痛みを伴います。抜歯は痛みを取り除くには手っ取り早い方法ですが、歯を1本抜いてしまうと周囲の歯が動くため、噛み合わせが悪くなりお口の健康を損なう危険性があります。そのため抜歯は最後の手段と考えています。
根管は非常に細く複雑な形状をしており、根管治療の際に細菌を完全に取り除くことができなければむし歯は再発し抜歯のリスクが格段に高まります。根管治療には高度な技術が要求されるのです。